• クラビットの作用と体のだるい子宮頸癌の摘出リスク

    2016年10月28日

    クラビットは、ニューキノロン系の抗生物質レボフロキサシンを主成分とするDNAジャイレース阻害薬であり、DNAを切断や再結合する事により細胞内に収納する酵素トポイソメラーゼIVやDNAジャイレースを阻害する事でDNAの合成を抑制し、菌の増殖を阻止する時間依存性の治療薬です。又、経口薬でありながら、バイ...

    記事の続きを読む

  • 生理中の性感染症と勃起時の痛みにはクラビット

    2016年10月13日

    生理中に性交渉をしても妊娠をしないと勘違いをし、コンドームを着用せずに性交渉をしようとする人がいますが、妊娠する可能性も性感染症になる可能性もあります。排卵日は生理開始から約14日前後とされていますが、女性はホルモンバランスが乱れやすく、その影響で排卵日がずれることもあります。そして精子は寿命が長い...

    記事の続きを読む