• クラビットが原因の鼻血と全身のだるさ

    2017年4月25日

    感染症の治療薬であるクラビットは、細菌に効果があるとされる抗生物質の一種ですが、場合によっては副作用があらわれることがあります。クラビットの副作用として挙げられるのが、鼻血、全身のだるさ、不眠などです。この他にも、胃腸の働きが鈍くなって下痢などを引き起こしたり、めまいなどの症状があらわれることもあり...

    記事の続きを読む

  • がんの検査結果によってはクラビットの処方がある

    2017年3月24日

    がんに罹患してしまうと治療を受ける必要があります。 三大治療として手術療法、化学療法、放射線療法が挙げられています。 どの療法を選ぶかは医師の説明を受けた後、本人の判断に委ねられます。 2種類の療法を組み合わせて治療を行う事もあります。 化学療法は抗がん剤を服用する事で、がん細胞を死滅させた...

    記事の続きを読む

  • 少量アルコールOKのクラビットは送料無料のサイトで

    2017年2月10日

    クラビットは細菌感染によるさまざまな病気に対して使われる薬で、クラミジアなどの性感染症だけでなく、レジオネラやマイコプラズマにも効果があります。 細菌感染により、腫れや赤み、発熱、痛みなどの症状がある人が服用すると、細菌のDNAの複製を抑え、繁殖を防いで殺菌することが出来ます。 アクネ菌への殺菌...

    記事の続きを読む

  • 宿泊先の便器からも感染するクラミジアにクラビット

    2017年1月10日

    クラミジアに感染した場合、クラビットかジスロマックで治療すると治ります。 ここまでクラビットに関して記事を書いてきましたが、実はクラミジアにはジスロマックも効果があります。 ジスロマックはアジスロマイシンと呼ばれ、マクロライド系抗生物質です。 細菌やウイルスで起こる感染症や肺炎に効果があり...

    記事の続きを読む

  • 発疹のようなコンジロームにクラビットは有効なのか

    2016年11月30日

    最近、性感染症になる人が増加傾向にありますが、コンジロームもその1つです。症状としては性器周辺にピンク色のトサカのような発疹にも似た突起物が出来ますが、男性であれば尿道に、女性であれば子宮頚部や膣内に出来る可能性もあります。治療方法としては凍結療法やレーザー蒸散法等のような外科的に取り除く方法、イン...

    記事の続きを読む

  • クラビットの作用と体のだるい子宮頸癌の摘出リスク

    2016年10月28日

    クラビットは、ニューキノロン系の抗生物質レボフロキサシンを主成分とするDNAジャイレース阻害薬であり、DNAを切断や再結合する事により細胞内に収納する酵素トポイソメラーゼIVやDNAジャイレースを阻害する事でDNAの合成を抑制し、菌の増殖を阻止する時間依存性の治療薬です。又、経口薬でありながら、バイ...

    記事の続きを読む

  • 生理中の性感染症と勃起時の痛みにはクラビット

    2016年10月13日

    生理中に性交渉をしても妊娠をしないと勘違いをし、コンドームを着用せずに性交渉をしようとする人がいますが、妊娠する可能性も性感染症になる可能性もあります。排卵日は生理開始から約14日前後とされていますが、女性はホルモンバランスが乱れやすく、その影響で排卵日がずれることもあります。そして精子は寿命が長い...

    記事の続きを読む