宿泊先の便器からも感染するクラミジアにクラビット

クラミジアに感染した場合、クラビットかジスロマックで治療すると治ります。

ここまでクラビットに関して記事を書いてきましたが、実はクラミジアにはジスロマックも効果があります
ジスロマックはアジスロマイシンと呼ばれ、マクロライド系抗生物質です。
細菌やウイルスで起こる感染症や肺炎に効果があります。
クラビットは、肺患部への移行性に優れたニューキノロン系の抗生物質レボフロキサシンを主成分とするDNAジャイレース阻害剤であり、酵素トポイソメラーゼIVやDNAジャイレースを阻害する事で菌の増殖を抑制する医薬品です。
副作用としては、ペニシリン系やセフェム系抗生物質に対してアレルギーを持つ人でも服用が可能であり比較的副作用の少ないとされていますが、医薬品なので体調や体質により食欲低下や吐き気、下痢、腹痛、腹部不快感、発疹、頭痛などの軽度の副作用を発症する事もあります。
又、極稀にアナフィキラシーショックや肝機能障害、腎機能障害、呼吸困難などの重篤な副作用が現れるケースもあります。
クラビットは、非常に広いスペクトラムと非常に高い生物学的利用能を有する為、性器クラミジアや淋病などの性感染症だけでは無く、表在性及び深在性皮膚感染症、急性気管支炎や肺炎などの呼吸器系感染症、膀胱炎などの尿路系感染症、歯周病などの治療に用いられています。
クラミジアは、クラミジア・トラコマチスに感染する事で発症しますが、性器クラミジアや鼠径リンパ節肉芽腫、トラコーマなどの感染症があります。
性器クラミジアは、菌自体が高温かつ低湿な環境では長く生存できず、一般的に性行為など感染者の粘膜との直接接触する事により感染するとされていますが、人間の体温程度の温度と多湿な環境となる共同浴場や患部の触れた便器の便座などからも感染するリスクがあります。
特に足拭きマットやバスタオルなどの共用は、非常に感染リスクを高めています。
不特定多数が集まる宿泊施設内では、性器クラミジアを含め感染症の感染リスクが高くなるので、感染に注意する必要があります。

ページの先頭へ戻る