クラビットが原因の鼻血と全身のだるさ

感染症の治療薬であるクラビットは、細菌に効果があるとされる抗生物質の一種ですが、場合によっては副作用があらわれることがあります。クラビットの副作用として挙げられるのが、鼻血、全身のだるさ、不眠などです。この他にも、胃腸の働きが鈍くなって下痢などを引き起こしたり、めまいなどの症状があらわれることもあります。クラビットにこのような副作用があるのは、それだけ細菌に対する働きが強く、感染症の治療に効果があるためだとされています。つまり、どちらかと言えば強い薬の部類に入りますので、服用には注意する必要があることも事実です。しかし、感染症の治療には効果が見込めますので、病院などで一般的に処方される薬ですから、薬そのものに問題があるわけではありません。クラビットの服用によって鼻血が出るのは、クラビットの作用のために出血しやすくなっていることが原因です。ですから、鼻血だけではなく、歯茎からも出血する場合がありますが、服用した人が全てこのような症状になるわけではありません。全身のだるさに関しても、クラビットの副作用の特徴だと言えますが、眠気や疲労感も伴うことがありますので、事前に把握しておくと良いでしょう。クラビットを服用しますと、このような副作用の症状があらわれることもありますので、治療中は安静にしていることも大切です。眠気を伴うこともあり、できれば車の運転を控えることも大事です。全身のだるさや鼻血などの症状は、飲む人によってそれぞれですから一概には言えませんが、副作用があることを知っておくことで、生活に支障を来たすのを防ぐことができます。クラビットは、感染症の改善には必要な薬ですから、用法を守ることが大事です。

ページの先頭へ戻る