がんの検査結果によってはクラビットの処方がある

がんに罹患してしまうと治療を受ける必要があります。
三大治療として手術療法、化学療法、放射線療法が挙げられています。
どの療法を選ぶかは医師の説明を受けた後、本人の判断に委ねられます。
2種類の療法を組み合わせて治療を行う事もあります。
化学療法は抗がん剤を服用する事で、がん細胞を死滅させたり、増殖を抑える効果があります。
但し、体験した事がある人もいるでしょうが、薬を服用すると副作用が出現する事があります。
その副作用も人それぞれであり、程度も異なります。
抗がん剤は正常な細胞にも影響を及ぼし、傷害してしまう可能性があります。
主な副作用として血液毒性と非血液毒性があります。
血液毒性は、白血球や好中球、血小板の減少、貧血があり、血液検査を行う事で診断できます。
非血液毒性は下痢や痺れ、吐き気、嘔吐などがあります。
血液毒性の場合には止血しにくくなったり、易感染状態となるため肺炎を罹患しやすくなったり、脳出血を引き起こしてしまう可能性があります。
これらの副作用は抗がん剤の服用を中止する事で解消する事ができます。
治療を継続する場合には副作用を抑えなければなりません。
血液毒性を抑える薬の一つとして、クラビットがあります。
風邪を引いた時に処方される事もある薬であるため、知っている人も多いでしょう。
この薬は細菌などのDNA複製を阻害し、殺菌効果があるため、白血球や好中球が減少した時の感染予防として効果を発揮します。
やはり、クラビットにも副作用があり、飲み合わせが悪い薬や栄養素もあるため、気をつけなければなりません。
抗がん剤の副作用を我慢したからといって、がん細胞の死滅効果が高まるわけではありません。
治療が困難だと感じたときには医師に相談し、別の方法を考えたほうが身体への負担が少なくなります。

ページの先頭へ戻る