クラビットはどのように作用し細菌を殺菌するのか

クラビットはニューキノロン系に分類される抗菌薬であり、服用された際には体内で素早く作用して感染症の原因となっている細菌に対処して症状の改善を実現する薬です。ではこのクラビットがどういった形で作用して殺菌をしているのかというと、結論から言ってしまえばニューキノロン系の抗菌薬は最近のDNAの合成を阻害する形で抗菌薬としての機能を発揮しています。DNAは細胞が持つ重要な情報であり、このDNAの複製に失敗した場合には増殖をしようとしても正常な状態の細菌を作ることが出来ません。従ってクラビットによってDNA合成が阻害されれば細菌が体内で増殖しようとしても増殖が出来なくなるわけです。 このDNA増殖の阻害によって細菌を殺すためにニューキノロン系抗菌薬は「殺菌性抗菌薬」として分類されており、DNA合成を行う際に必要となる酵素が細菌と人間では違うために細菌にのみ毒性を示すという便利な特徴もあります。ただクラビットに関して注意したいのはその効果が優れているために濫用される傾向があることです。もともとこのクラビットが分類されるニューキノロン系は広域スペクトルである、つまり殺菌できる細菌の数が多いという特徴があるため、細菌感染症が発生した場合にはまず対処として選ばれることが多い存在です。しかしこの対処はあまり賢いものであるとは言えず、応急処置としては良いものの薬として濫用されるために耐性菌を発生させるリスクの増大にも繋がってしまっています。仮にニューキノロン系に耐性を持つ細菌が出てきてしまうと今後の治療においてニューキノロン系の効果が無くなる可能性もありますから、あまり便利に使い過ぎるのも考えものなのです。

クラビット服用で発生する副作用について

細菌による様々な感染症に効果のあるクラビットは、レボフロキサシン水和物を有効成分にしたニューキノロン系抗生物質です。飲み薬として販売され、ドラッグストアなどでは購入できず、必ず医師の処方が必要となっています。抗生物質にはペニシリン系、マクロライド系、セフェム系などが存在し、それぞれに独立した作用機序があるため、効果や効能に大きな違いがあります。その中でもニューキノロン系のクラビットは副作用が少なく、安全に使用できるのが特徴で、腸チフスやパラチフス、炭疽やブルセラ症、ペストといった症状に用いられています。幅広い適応症がありますが、全ての人に利用できるというものではなく、レボフロキサシンまたはオフロキサシンに対する過敏症のある人、妊婦または妊娠している女性、あるいは小児への投与は基本的に禁止されています。また、60歳以上の高齢者には副作用のリスクが高まるとされるため、投与には慎重を期する必要があります。安全性は高いのですが、副作用を完全に抑えるということはできないので、ある程度のリスクは理解しておかなければいけません。主に報告されている副作用には頭痛やめまいはもちろんのこと、吐き気、腹部への不快感、下痢や軟便といった消化器の症状が挙げられます。その他には発疹、不眠、胃痛、貧血、光線過敏症、手足のしびれといった軽度なものから、けいれんやアキレス腱の障害、低血糖、不整脈といった重度な症状も報告されているようです。感染症の種類や症状によって投与される量が増減されるため、その量に応じた服用が必要となっています。個人の判断で安易に増減させると副作用が起こりやすくなるので、医師に処方された分量を正しく守って服用することが重要となっています。

クラビット服用における注意点

クラビットは抗菌スペクトルの広いニューキノロン系抗生物質で、細菌による感染症の治療に用いられる経口薬となっています。特に呼吸器感染症に強く、肺炎球菌やレンサ球菌に有効です。また、クラミジアや淋菌などによる尿路感染症、リンパ節炎といった皮膚感染症に加え、耳鼻科での領域でも使用できるほど幅広いため、様々な治療で用いられる治療薬です。抗生物質の中では副作用が少ないことで知られ、使い勝手の良い飲み薬として知られていますが、それでも少なからず副作用のリスクがあることは注意しなくてはいけません。報告されているものには不眠、めまい、頭痛といった軽いものや吐き気、下痢、腹痛、発疹などが知られ、有効成分であるレボフロキサシンによるアレルギー反応を示すこともあるので注意しましょう。他の抗生物質であるペニシリンやマクロライドとは違うので、薬剤アレルギーのある人は回避する手段として利用することはできますが、過去に過剰反応を示した人は予め調べておくことが重要です。肝腎機能に障害を抱えている人、60歳以上の高齢者は副作用が出やすい傾向にあるため、用量や用法に注意することになります。重篤な副作用が出たという報告はありませんが、手足のしびれ、喉の痛み、全身の倦怠感といったものが発生することがあり、光線過敏症が出たという症例もあるため、使用して異常を感じたら服用を中止してかかりつけの医師に相談する必要があります。持病としててんかん、けいれん性の症状、無力症、重度な心臓病を患っている人が服用すると症状が悪化することもあるので、使用を見合わせて慎重に投与することになります。アルミニウムやマグネシウムを含む胃腸薬、血液凝固薬のワルファリンなどと併用するのは禁忌となるので注意しましょう。

ページの先頭へ戻る